1. >
  2. >
  3. ひとに物事を教える難しさ

ひとに教えることの楽しさ



人に物事を教える難しさの先に
楽しさがありますね。

どんなに些細なことであっても、ちゃんとひとに伝わったら嬉しいもんです。

ですから、この嬉しいをもっとたくさん味わうには、
やはり教える・伝えるというトレーニングも必要なのかなと思います。

突然ですが、人前にスピーチした経験ってありますか?

原稿を用意して丸暗記して話をしたり、または原稿を読みながら
話をしたり、原稿は先に読んでおいてある程度のあらすじだけ
頭に叩き込み自分の言葉でスピーチしたり・・

人によって様々ですが、他人が受ける印象ってどうなんですかね?

丸暗記したままのスピーチも味気がないような気がします。

原稿をそのまんま読みながら・・・も、ちょっとどうなのかな・・・

やはり好印象なのは、自分の言葉で場の空気を読みながらスピーチ
できるってすごいと思います。

プロではないにしても、これが出来るひとと出来ないひとの差って
いったい何かな・・・

やはり、好印象な話し方をするひと、出来る人って、見えないところで
きっちりトレーニングされています。

トレーニングというよりスピーチのシュミレーションですよね。

話の本筋の部分がきっちり頭に入っていますから、スピーチの途中で
違う話に脱線しても、また戻すことも出来ますし、途中で旬な話題に
なったとしても、またちゃんと本筋に戻れます。

ですから、聞いている側にとっては、場に合わせた内容のスピーチに
なっていますから、とても満足感もあります。

人に物事を教えることも同じで、やはり簡単なことではないのだけれども
ちゃんとやれば相手にそれなりの満足感を与えることができるのです。

短時間で稼ぐ家庭教師バイトを探すのはこちらから↓
ジョブセンス

ひとに物事を教える難しさ


どんな仕事でも共通しておりますが・・・

人に何か物事を教える場合、相手のことをちゃんと考えて教えたり

しているのでしょうか・・・

あまり考えないで教えてるって場合が多いのかなと筆者は思います。

 

では、いかに上手に人に物事を教えられるか・・・

これははっきりいって教える数です。

ですが、ただ単に数だけやりゃいいのかって話でも無いのです。

自分が教えてもらったときに思った疑問、理解出来なかったことを

思い起こして、それらを自分なりの言葉に置き換えて相手にもっと

分かりやすいように工夫をした人がたくさん教えることによって

場数を経験することなのです。

 

自分の思いを伝えるって簡単に言われてもすぐに相手に自分の

気持ちを伝えること出来ますか?

 

やはり、考えや思いを伝えるには、それなりの工夫や努力が必要なのです。

 

でも、面倒くさく思わないでください。

これをマスターすれば、凄く良いことがあります。

 

仕事も場面でも、またプライベートな部分でも。

 

自分が好意をもっているひとに何か伝えたいことがある場合・・・

自分がこれだけは伝えたい何かを持っている場合・・・

 

そんな時は、心の思いを100出し切って伝えるべきです。

それを出来るか出来ないかは、日ごろのちょっとした行動や考え方

にあるのではないでしょうか。

 

色々な引き出しを持っているって言われているひととお話すると

実に楽しくて面白いです。

そんな人たちも若い時にいろいろなバイトをしたり、いろいろな経験

をきっとしてきた人たちなのです。

 

自分がこうなりたいって思ったら、自分があこがれているひとの真似を

するのもいいのかもしれませんね・・・

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません


短時間で稼ぐ家庭教師バイトを探すのはこちらから↓
ジョブセンス